効率的な転職活動で薬剤師求人をものにしよう!

薬剤師の転職(調剤経験がない)

薬剤師の資格はあっても、調剤経験のない方も少なくはありません。そんな方が、病院や薬局への転職を考える場合、「調剤経験がなくても転職は可能なのか?」「いまから調剤という仕事をこなすことができるだろうか?」という不安がでてくるのは当然のことかもしれませんね。
薬剤師転職サイトでスムーズな転職を!

しかし、マイナス思考になってばかりでは先へ進みませんので、ここはひとまずポジティブ思考に考え方を変えてみてはいかかでしょうか。

確かに、すぐにでも調剤業務をこなせる人材を求めている場合は、調剤未経験者の採用は厳しいものがあるのは事実ですが、そうではない場合は、逆に調剤経験がない方が重宝されることがあるのも、これまた事実です。何故、調剤業務があるのに、調剤未経験者が歓迎されるのかというと、次の理由があるからです。

・調剤に対する癖がない
・未経験なので、高い給料を提示する必要がない
・ドラッグストアなどで接客経験がある場合、コミュニケーションスキルが高い
・調剤経験がないと、逆に吸収力があり早く成長できる可能性がある

このように調剤未経験でも見方を変えれば、かなりアプローチできる面があります。ですから、病院や薬局へ転職したければ、未経験者を歓迎する職場を探せば何の問題もないのです。

それに、仮に調剤経験があったとしても、職場が違えば調剤業務も違ってきますので、転職した先のやり方をマスターしなければなりません。なので、こういう意味では、経験者も未経験者もスタートは同じです。ただ、調剤に慣れているかどうかの違いだけなのです。

ですから、調剤未経験であって、これから調剤の仕事に取り組みたいという希望があるならば、調剤未経験者を求めている職場を探すと転職も成功するでしょう。

只、このような転職先を個人で探すのは難しい面がありますので、転職サイトのご利用をオススメします。転職サイトには、数多くの求人情報が集まっていますので、専門コンサルタントに相談しながら最適な職場を探すことができるでしょう。

薬剤師の転職(転職回数)

薬剤師は、様々な職業の中でも転職しやすい部類にはいるため、何回も転職を繰り返している人も少なくない傾向にあります。しかし、いくら転職が多い職業であったとしても、その理由によっては、転職回数の多さが不利に働く場合は当然あるでしょう。

例えば、女性薬剤師の場合、転職理由が夫の仕事の関係上の理由(転勤族)だとしたら、転職先にも納得してもらえます。しかし、これはあくまでも既婚の女性に限ったことで、未婚女性や男性の場合はあてはまりません。

求人をかける雇用側としては、転職サイトに求人募集を依頼するなど、人材を確保するまでには費用もかかりますので、採用したからには長く勤めて欲しいのです。

確かに雇用側としては、スキルのある人材を確保するに越したことはありませんが、それよりもすぐに辞められるほうが雇用側にとっては迷惑なことなので、いくらスキルがあっても転職回数が多いと「採用してもすぐに辞めてしまうかもしれない‥」と懸念されてしまいます。

また、転職回数が多くなると雇用側は警戒しますので、面接の際には、「何故転職が多いのか」「いままでの職場の退職理由」等は必ず質問されるでしょう。勿論、履歴書の職歴には全て記載しないといけません。

面接の際に、退職理由や転職回数が多い理由を、面接官にプラス材料として受け止められるような答え方ができない場合は、不採用の確率が高くなります。ですから、転職回数の多い方は、事前に対策を練っておく必要があります。

ポイントとしては、「それぞれの退職理由を簡潔に答えられるようにしておくこと」「転職の理由が発展的な前向きなものであること」の2点に絞って考えをまとめておくといいでしょう。薬剤師としての将来のビジョンを明確にしておくことが肝要なのです。

しかし、実際の面接をイメージして自分で回答を模索するのは難しいものかもしれません。そんな時に頼りになるのが、転職サイトです。

薬剤師の転職回数が多いことを理解している専門コンサルタントが、いかにすれば面接が上手くいくかアドバイスをしてくれます。是非、有効活用して転職を成功させて頂きたいと思います。

人材紹介会社を活用しよう!(応募編)

コンサルタントから、求人案件情報を提示してもらったら、求人案件に優先順位をつけた上で応募を行っていくことになります。

履歴書や職務経歴書については、最初に人材紹介会社に提出したものをそのまま求人側の会社に渡されている場合もあるので、再度作成する必要があるかどうかは、人材紹介会社によってまちまちです。

ですが、求人会社の方から、新たに手書きの履歴書の提出を求められるケースもよく見られますから、そういった事態に備えて、手書きの履歴書は別途用意しておくことをお勧めします。

その時に忘れてはならないのが、履歴書のコピーを取得しておくことです。なぜかと言いますと、面接の際に求人会社の面接官は、この履歴書の情報をベースにして質問を考え、あなたに投げかけてきます。

コピーを手元に保持して、どんなことを書いたのかを事前にしっかり押えておけば、受けた質問の意味が分からない、といったような事態を回避することができます。

また、履歴書を郵送する際は、人材紹介会社に送付するのか、求人会社側に送付するのかを、ちゃんとコンサルタントの方に確認しましょう。その他に送付が必要な書類がないかどうかも聞いておくことも大切です。

書類審査を無事通過すると、コンサルタントから連絡がきます。そうなったらいよいよ面接です。日程、場所等については、コンサルタントと充分協議した上で、無理のない日程を計画し、求人先側と調整してもらうようにしましょう。

コンサルタントの方は、こういうシチュエーションを数え切れないほど経験されています。気になることがあれば、遠慮せずにどんどん質問してアドバイスを貰うようにしましょう。それがあなたの採用を左右することになるかもしれません。

個人で求人案件を探して応募するよりも、人材紹介会社に自分に合った職場をピックアップして貰って応募する方が、転職成功の確率は大幅にアップします。後悔しない転職をするためにも、このような専門サイトを利用して効率的に転職活動を行うことが最善の道ではないでしょうか。

メニュー
薬剤師求人